あったかくなりたい、楽に暖を取る方法。

 

 

 

 

 

今日が何日だろうが、どうでもいい。

 

最近、やけに寒いということだ。そして寒いのは良くない。

寒くて良いことなんてあんまりない、雪が降るくらいのことだ。

 

ならば暖まろうではないか。

 

暖まるにも色々な方法があるし、色々なリスクがある。

その様々に存在する方法から今日はお勧めの暖まり方を紹介する。

 

そんなのどうでもいい、毎年と同じ方法で暖まればいいじゃないかコノヤロー。

という考えの方もいるかもしれないが、夏もそうだが冬もそうだ。

 

コストが結構かかる。

 

 

これを一度見直すだけでも毎月の生活に余裕が出ることは全然あり得る話なのである。

 

さらっと目を通すだけでも良い。

さらっと、何気なく、涼し気にでもこの記事に目を通せば、

読了後には、多少体温の上昇を感じていることだろう。

 

暖房効果によってではない、これから変貌する画期的な生活スタイルが起こす、

これからの未来に対する期待による興奮の体温上昇だ。

 

 

今回お伝えしたいのは実は一点だけである。

 

なので括目して欲しい。

 

この方法は自宅での暖房方策であり、おそらく言ってしまえば

なんだそんなことか、と思われるかもしれない。

 

だからこそ私は主張しようと考えている。

 

「ネックウォーマーこそが暖房方策として現代人に見落とされている盲点である」

 

これが今回の私の主張である。

 

外では当然マフラーを装着していることだろう。

 

しかしなぜだろう私の知人の多くは家に到着するとたんを

マフラーを外し、他の首を暖める何かを装着しようとしない。

 

そのくせ、すぐにファンヒーターなどを起動させ、

足を暖めながら「寒い寒い」とつぶやきながら暖を取る。

 

そして、長時間ファンヒーターを起動させた影響で、家の中が

なんかこもった息苦しい感じになり不快に家での生活を行うことになっている。

 

しまいには、ファンヒーターのつけっぱなしとやっちゃたりして、

風で喉は悪くするは電気代ははずむはで散々である。

 

こんな風景は私から言わせれば

頭隠して尻隠さずだ。お間抜け様だ。

 

なぜ私がネックウォーマーを押すのか。

 

ネックウォーマーは電気代が掛からない 

 

第一の理由が

「電気代が掛からないこと」だ。

 

これは生活の基本である。

 

まずはイニシャルコスト(初期投資)だけで済む商品で

問題を解決できるかを考える。

 

その後、それだけではどうしようもなくなったら、

電気代など従量的に発生するランニングコスト(定期的に掛かる)で

それを補填する。

 

上記は私の勝手な考えではあるが、

最初にお金を払ってしまえば後は請求書におびえる必要は何もない

という中々優良な方策だと思う。

 

で、そのネックウォーマーは電気代が掛からない。

だからお得なのである。買ってしまえば後はお金が掛からないのだから。

 

ネックウォーマーは体の重要な器官を保護してくれる!

 

第二の理由である。

 

首は体温調整、管理において非常に重要な器官である。

ということ。

 

要は首の温度によって人は暑い寒いということの情報を判断しているのだ。

 

よって寒いと感じたくないのならば、首を重点的に暖める必要がある。

 

当然、外出する時は皆一様にマフラーを装着している。

それに関しては何の問題もない。

 

しかしだ、繰り返しになるが、

家に着いたとたん首には何のケアもしない人は私見では非常に多い、

 

それに首、喉を防護するということは

菌、ウイルス類の対策になることを強く主張したい。

 

だからネックウォーマーは優秀なのだ。

最後に付け加えると、ネックウォーマーは当然ながら

部屋の空気を無駄に悪くすることがない、

暖房器具を使い過ぎるとどうしてもその問題から避けられず、

家でのパフォーマンスが落ちることになってしまう。

 

 

意外な盲点だったのではないだろうか。

もし日常生活においてネックウォーマーを使用していないのなら

是非使ってみて欲しい。

 

金銭的、体力的にも良い効果が望めるはずだ。