マンネリ脱出の方法

 

 

 

マンネリ、それは何度も同じことを繰り返したことによって発生する退屈。

この言葉が多用されるのは主に恋愛においてだが、別に他の用途で使用しても良い。

 

マンネリはおそらく皆嫌いであると私は思っている。

暇とかではないのだ。

こう、なんでもない日になんでもないことをして退屈を持て余す。

そういった有意義な時間とは違って。

 

やることはある程度決まっていて、それによって発生する結果も見えていて、尚且つ、多少の苦痛が伴うような。

そんなマンネリだ。

 

これが仕事だったり恋愛だったりに入り込んでくると、大層迷惑な事態となってくる。

 

人生にとって仕事や恋愛は超重要イベントである。

それが苦痛というのは換言すれば人生が苦痛となってしまう。

 

 

いわゆる、生きててつまらないというのはマンネリも大きな要因となっているのだ。

 

ではそのマンネリを解消する方法はなんだろうか。

 

私が考えるに、「いつも同じことが続きそれが退屈」これがマンネリなのだから、

 

「いつも」

「同じこと」

「退屈」

 

これらの条件を少しいじってやるだけで打開できる可能性がある。

どんな人でも打開できる箇所はどの箇所だろうか。

 

今回は仕事を例に出して、考えてみよう。

 

「いつも」

これは仕事をしている人からすると厳しい面があるだろう。

だって隔日で仕事を休んだりしたら、良いリストラの標的になってしまうだろうから。

 

「同じこと」

これも仕事をしている人からすると、自分で仕事の内容を決められない人からすると

難しいと思われる。

 

「退屈」

上記と同様に仕事を選べない人からすると、退屈な仕事から逃れられないであろう。

 

こうやって考えてみると、あぁ成程マンネリから逃れるということはそんなに簡単ではないのかもしれない。

 

しかし何の打開策もないままこの記事を終える訳にはいかない。

だったらどうするか。

 

仕事においてのマンネリ打開策としては「日常の中の余った時間を有効活用して勉強し、

・自分で仕事を選べるようになるか

もしくは

・退屈でない仕事を与えてもらえるような人物になる」

ということが最良でないにしても妥当な最善だろうと思う。

 

結局はコツコツと努力、勉強するのがベターなのだよ、というありきたりな結論に辿りついてしまった。

 

まぁでも、その努力と勉強そのものがマンネリを打開することになるのではないだろうか。

 

なんであれ積極的に行動できる人はきっとマンネリからもいずれ脱出できるに違いない。