口喧嘩に強くなる方法

 

言葉の暴力

ほんのちょっとだけ、ネットで口喧嘩系の動画を見た。

とんでもない世界だなぁと感じつつも、現代の喧嘩というのは物理的な喧嘩と精神的な喧嘩の比率というのは大分近づいてきているのではないかと思う。

 

そんな中で今後口喧嘩で勝つためにも、そもそも口喧嘩をしないために、ある程度免疫を着けておくためにも、どんな口喧嘩をする人が勝つのかということを勝手に考えてたので書く。

 

口喧嘩が強い人の特徴

 

口喧嘩において強い人の特徴、頭の切れる人、論理的な人、早口な人などいるが、「皆、冷静である」という箇所だけは共通していた。

 

それはそれで当然なのかもしれない。

口喧嘩の勝利条件は明確ではないが、第三者から見て、怒り狂って、悔しがっている人よりも、冷静で悠然と構えている人の方を勝者だと思うに違いない。

 

そして、口喧嘩であろうとも一応は口論なのだ。

冷静に論理的に相手の非を指摘できる人間の方が強いということは確かなのだ。

 

勝利の条件が自分が冷静であり、相手が怒り、悔しがるというのならば、次に考えるべきなのは、

・自分の精神を如何に冷静に保つ方法

・如何にして相手を怒らせるか

ということである。

 

さてこの二点の満たすにはどうすれば良いのか。

 

慣れてることには人間は冷静でいられる

 

最初の入り口は「慣れ」であることには違いない。

 

何も知らぬ初心者がネット中で行き交う口喧嘩に偶然出くわしてしまったら、まず太刀打ちできまい、と私は思う。

 

なので、何も訓練を積んでいないなら、とにかく接触を断つ、相手にしないことをお勧めする。

 

とはいっても、いつまでも逃げる訳にはいかない。訓練して口喧嘩の強者にならなくてはいけない。

 

お手本はいくらでもネットに溢れている

 

ではどうやって訓練するのかといえば、これは簡単でネット中に溢れている口喧嘩の動画をとにかく見まくれば良いのである。

 

それこそ、初めて見る人からするととんでもない動画だし、見ているだけなのに、興奮が収まらなくなってしまうかもしれない。

 

しかし、その状態こそが口喧嘩に対する免疫が付いてきている状態であるし、冷静に物事に対処できる能力が身についている瞬間でもある。

 

これだけ情報が氾濫している世の中で、初めから危険な手を出すのは私には無謀だと感じられる。

 

よって、口喧嘩が強くなりたいと思う人は「とにかく口喧嘩に関係する動画を見る」それによって得られる慣れが非常に重要なのだと思う。

 

口喧嘩の勝利は他人が決める

厳密にいってしまえば、討論だって、口喧嘩だって勝利の条件というものは存在しない。

 

だから、その人の態度でそれを判断するというケースは非常に大きい。

 

案外、論理の勝負というよりは胆力の勝負だったりするのだ。

 

もっとも、そんなことをしないで平和に生きられることの方がよっぽど素晴らしいということは言うまでもないのである。