下が上になる瞬間

 

 

 

 

人が変わるというのはどういう事だろうか。

 

たくさん勉強すれば変わるのだろうか、

たくさん働けば変わるのだろうか、

たくさん良いことをすれば変わるのだろうか、

 

確かにそれらの行動でも人は変わる。

 

能力が向上すれば、自然と立場も良くなり、下だった者が上になることもあるだろう。

 

しかし、能力があるにも関わらず、いつまでも下の立場で居続ける人もいる。

 

実際、上の立場の仕事もやろうとすればできるけれど、そうはならない人だ。

 

 

では、どういった場合がそのケースに当てはまるのか、多くの場合は「優秀で気の利く先輩、上司も恵まれ、かつ部下や後輩が全くと言っていいほど存在しない状況に長く滞在していた場合」である。

 

そのような状況が続くと、教えてもらう、指示を与えられる、頼りにする、なんてことが日常の大半を占めてしまうので、下の立場であることが都合の良いものであり、快感であるという精神状態になってしまう。

 

そうなると、与えられた仕事は忠実にこなし、上司に対する気遣いもでき、上司からの好感度も高い。

そんな人間に成長する。

 

しかし、上の立場の人間というのは、自分で仕事を作り、その仕事の内容により、誰にその仕事を与えるかを自分で決め、時には部下に嫌われるような、仕事も与えなくてはならないし、部下に嫌われるようなセリフも吐かなくてはならない。

 

いちいち部下一人一人に気遣いなんてしていられない、責任は自分にのしかかってくるから頼りになるのは自分だけ。

 

つまりは下の立場の人間と上の立場の人間が行う業務というのは時には同じ、もしくは似た仕事内容ではあるが、心理的な側面から考えれば、全くの逆の事をしているのである。

 

だから、いつまでも下の立場の仕事をしている人というのは、上の立場にはなれない、いつまで我慢して下の仕事に耐えていたって、無駄だ、むしろマイナスである。

 

ではどうすれば良いのか、有名なことわざがある、

「鶏口となるも、牛後となるなかれ」

ということわざである。

意味合いとしては

「大きな組織の一番下の立場になるよりかは、小さい組織の一番上になった方が良い」

ということだ。

 

だった対策は一つである、自分自身でコミュニティやグループ、もしくは会社を作ればよい。

 

それだけであなたは鶏口である。

 

それだけで上の立場の意識が芽生えてくる。

 

自分でやることを決め、自分一人で作り上げることが肝要である。

 

そこからが、上昇へのスタートである。

 

現実には地獄から天国への直通経路は存在しない。

 

まずは天国への本当の経路の模索をするべきだ。