成長したいなら人に聞くな

スポンサーリンク

わからない事があると、すぐに他人に答えを求めてしまう人がいる。

 

そして、幸か不幸かその人の周りには答えを優しく教えてくれる人がいる。

そうすると、その人は答えを得ることができ、前に進むことができる。

 

めでたし。

とはならないのである。

確かにその人は一つ知識を得ることができたのだろう。

それは確かに進歩しているし、着実に努力しているのである。

当然良いことであり、成長できる要素ではある。

 

しかし、他人に答えを求めるということにはリスクが存在するということは

認識しておくべきである。

 

「聞き癖」である。

 

 

要は自分でロクに考えもせずに、解答を全て他人任せにしてしまう悪癖である。

 

そんな癖が身についてしまうと、最終的にはその人は不必要な人物と

成り果ててしまう。

 

なぜなら、他人にすぐに答えを求めてきた人間が積み重ねてきたものというのは

すぐに諦める癖と、他人に頼る癖と、わずかばかりの知識であるからである。

 

当然、知識は重要なものである。

 

しかし、他人に聞きすぎるという行為は得られる知識に以上に

大きなものを失ってしまうこともある。

 

だから、何でもかんでも他人に物事を聞いて、自分でものを考えない人は

少しでも自分で考える癖をつけるべきである。

 

無論、他人に聞くことが悪いという訳ではない、

全く他人に物事を聞くことができず、いつまでも悩んで結論がでない人など

愚の骨頂である。

 

よって、バランス良く、自分の能力と相談して他人に聞くかどうかを考えるという作業が

必要であるということである。