一流は未来を予測する。

スポンサーリンク

 

 

 

一流と二流の差はどこにあるだろうか。

 

勿論基礎的な能力の問題もあるだろう。

 

しかし、根本的な仕事についての能力については、はっきりとした境界線が存在する。

 

それは、仕事を作り出す側と仕事を与えられる側の違いである。

 

この両者は同じ仕事に携わっているとしても、大きな違いが存在する。

 

当然ながら、仕事を作る側が与えられる人よりも偉いのであり、収入や評価も歴然として差がある。

 

では、どのような能力の違いが仕事を作り出す側と仕事を与えられる側の違いを生み出すのだろうか。

 

 

それは、未来を予測する能力なのである。

 

この能力があるから、

・今後どのような商売が儲かるのか

・どのような行動をとれば評価が高くなるのか

・如何により仕事を速くこなすことができるのか

 

ということに対して考えることができる。

 

未来のことを考えるから、将来必要になる仕事がわかるようになるのだ。

 

一日の仕事の中でも、この差は出てくる。

 

未来を予測しない人というのは、大概が行き当たりばったりで無駄な行動をとってしまっている。

 

全体象を考えて、必要になることは予め用意することができる人が未来を予測できる人である。

 

 

一流と二流の差というのは、基本的には生まれつきによるものが大きいと考えているが、そういった一流の特徴というものが理解できるのであれば、それを模倣することができる。

 

模倣できるのであれば、それは確実に一流に近づいているということである。

 

よって、生活の中で機会があるのならば、未来を予測する癖をつけるとそれだけで、成功者に近づくことができる。

 

最初のうちは、遠い未来を予測するのは難しい部分もあると思うので、近い未来、10分程先は自分は何をしているかという予測を行うようにするとよい。

 

慣れていく内に遠い未来の予測もできるようになり、その未来においての最適な行動、用意が自然とできるようになる。

 

そうすると、自然にいつもより、効率が良くなり、時間が余るようになることに気が付くだろう。

 

それだけでも、未来を予測するというのは生活の役に立つ技術なのである。

 

これを応用すると、将来、需要が大きくなりそうな商品を予測し、買い占めておくことで大きな儲けを出すことができたり、将来的に忙しくなりそうな時が分かり、事前に準備をすることができ、被害を抑えることもできる。

 

行き当たりばったりも悪くはないが、仕事や商売においてはほとんどのケースで厳禁だろう。

 

周囲の信頼が得られるのは未来の予測ができるほうである。

 

一流になるためには、能力の面も大事ではあるが、それと同じくらい大事なのは信念や一流としての考え方なのである。

 

そして、それは色々な成功者が様々な媒体で伝達しているはずだ。

 

だから、憧れている人がいるのならば、思考の癖だけでも真似をしてみる。

 

すると自然に行動も変化して、成功に近づくということはあり得るのである。