イロトカタ

純然たるイロトカタです


欲しい物がもっと欲しい

 

昔はなんでも欲しかった。

 

時間や金銭や可能性に対しての際限がなかったからだ。

 

今は少し違ってしまっている。

 

 

何かが欲しいと思っても、その金額、それに掛かる時間、そしてそれから何が得られるのかを深く考えるようになってしまった。

 

多くの事が考えられるようになったおかげで、ブレーキが利くようになったおかげで、欲望のアクセルが利きにくくなってしまった。

 

欲しい物がない、というのは確かに経済的だが、本当にそれで良いのだろうか?

 

良くないのではないかと思ってしまう。

だって、生きている意味が確実に薄れているということだから。

 

そして、きっと何よりの原因は私が世の中を知らないから、欲しい物も少ないのだということである。

 

まともな材料もないのに、多彩な創造が生まれるとは思えない。

やはり私にはまだ経験があまりにも足りないのである。

 

そう考えると、今私が欲しい物というのは、「物」というよりかは知識や経験なのだ、ということだ。

 

そして、知識や経験を得るには、膨大な時間が必要である。

 

昔は時間を売ってでも、お金が欲しかったが、今はお金で時間を買いたいと本気で思う。

 

結局の所、欲しい物がなくなっている原因は欲望を膨らませる時間がないことによるのかもしれない。