昔好きじゃなかった曲が、今は大好きになっている。

 

 

 

昔はアップテンポのとにかく明るい曲が好きだった。

 

だから、好きなアーティストのアルバムを買った時だった、テンションの高い曲ばかりを聞いていて、バラード系(特に失恋系)の曲はすぐに飛ばしてしまっていた。

 

しかし、なんとなく今まで飛ばしていたバラードを曲の流れだし、わざわざ飛ばすのも

面倒だと感じていたので、そのまま聞いていると、「なんでこんな名曲を今まで飛ばしていたのだろう」という感情がこみ上げてきたのである。

 

本当に不思議なものである。

 

自分の中で何が変化し、それが好きになったのかはわからないが、とにかく良い曲なのである。

 

別に今まで好きだった曲はそのまま好きなので、非常に良いことなのだけれど、ふと考えてしまった。

 

これがもし、「自然と不思議に嫌いなものが好きになり、好きなものが嫌いになって、

さらにはそれが人への好みだったらどうしよう、その上、その人が結婚相手だったら大変だろうなぁ」

 

まぁ、こんなこと考えて何もできなくなっても仕方がないけれど、自分自身の感情、性格、好みなんてものはあんまり当てにならないのかもしれない。

 

ポジティブに考えるならば、だからこそ、一期一会で、今、好きな事は今、全力で楽しむべきだと思う。

 

そうしないと、また今度の機会ではつまらないかもしれない。

 

未来の保証なんかないのだから、楽しいと思うことは全力楽しまなくては。