反省します、Windows10に何も考えずにアップデートしたことを反省します。

 

Window10にアップデートした感想

 

失敗しました。ええ、反省します。

 

先日、Window10にアップデートしました。

 

感想:ひどい。

これに尽きます。

 

ブラウザ開けば、矢印の右上のロードアイコンが点滅するし、言語バー関連のアイコンが表示されなくなるし、ウィンドウズボタンが全く反応しなくなるし。

(ちなみに画面ロックしてから再起動したら戻りました)

 

こんな基本的な動作も担保しないくせに何度もアップデート勧めるなよ!

 

というのが私の今の心境です。

こんな状態の製品を推奨するなんて私には理解できません。

 

というのが今回の愚痴。

 

そしてこれからが本題。今回の私の反省点。

 

私がWindows10にアップデートした際の思考の反省点。

 

1.失敗した時のことを考えなかった。

私は現在まともに使用できるパソコンを一台しか持っていない。

一応もう一台所有してはいるが、起動するのに30分くらいかかるオンボロマシーンである。

 

だから私はメイン機であるパソコンをアップデートしたことになる。

不満はあるものの、まだ動作自体はするからまだ良かった。

しかし、アップデートして動作しなくなってたらどうするつもりだったの?と自分に言い聞かせたい。

 

積極的なのはいいが、後先考えないというのは間抜けのやることである。

 

いざという時の備えは大切である、人間いつどこでどうなるかなんてわからないし、他人が太鼓判を押して大丈夫というものなんか多くは大丈夫ではない。例えただちに影響がないとしても、太鼓判を押した人が消え去る頃には影響が出始めるだろう。

 

だからこそ、自分でやることについてはある程度のバックアップ、もし失敗した時の事を考えて、準備で事にあたるべきである。

 

過去の自分に説教したい。

 

2.体験談の収集を怠った。

Windows10にアップデートしている人なんて星の数ほどいる。

ネットで検索すればいくらでも観察できる星である。

なぜそれを観察する労力を惜しんだのだろうか?自分の行動が謎である。

 

単なる思い付きと直感と、マイクロソフトの煽りにやられたということなのだろう。

 

有名であればあるほど、ネットにはそれに関する情報がとんでもない量で存在している。

だから、有名かつリスキーな分野に関しては、徹底してステマではない体験談を収集する必要がある。

 

挑戦において、そのステップを踏むようにすれば失敗することは少なくなるはずなのだ。

 

なんでこれだけ情報が溢れている社会なのにそれを見過ごすのだろうか、私は。

 

3.特に必要がないのにアップデートした。

 

ここが結構な問題である。

確かに何度もWindowsのお知らせが来て迷惑だとは思っていた。

ならばそんな迷惑は行為をする商品を購入するという行動に走ったのか?

また、既存のWindows8でも十分に機能は果たしていた、というか評判の割りには全然サクサク動いて良かったのに、どうしてアップデートをしたのか?

 

ただ新しいから、ただ他者が勧めるから。

それだけの理由で私はアップデートをしたのである。

この2点はアップデートが良いという根拠には当然ならない。

 

それにも関わらず私はアップデートをした。これが非常に問題である。

 

こういった行動を起こしてしまう人は、テレビのCMに影響されるだろうし、有名芸能人のステマにまんまとはまる人である。

 

行動に根拠がない、信念がない。

だから迷うし、他人の都合に踊らされてしまう。

 

情けない限りである。猛省する。

 

今回の体験は、商品購入だけに限らず、お金の使い方、自分の人生の生き方にまで通じる事である。

 

人間なんてものは出会ってすぐに本性はわからないというが、些細な行動からその人の本質というものが見えるのではないかと強く思った。

 

まぁ、今回は猛省して、次に生かすとします。