イロトカタ

純然たるイロトカタです


マシュマロで身長が伸びるとかいう謎の噂。身長の話題のトラブルの解決方法。

 

マシュマロと身長と迷信

 

マシュマロを食べると身長が伸びる。

そんな噂を昔聞いたことがある。

 

その時は、小中学生の頃だったと思うので、科学的、論理的な推理なんかよりも、自分の友達がどれだけ強い口調で発言しているかの方が信ぴょう性があった。

 

ただ、私は身長についてそこまでの悩みを感じてはいなかったので、マシュマロを食べるということに執着することはなかった。

(しかし、食欲に関しては現在も留まるところを知らないので、マシュマロは今だって食べている。というかマシュマロをたまたま食べているからこの記事を書いているのである。)

 

小中学生といえば、特に男子小中学生といえば、身長に関しては非常に興味が強いジャンルである。

 

背を伸ばしたがために毎日牛乳を飲む人なんか沢山いたし、給食の時の余った牛乳なんかは争奪の的になっていた。

 

自分は身長には興味がなかったが余った牛乳には多大な関心を寄せていたため、争奪には参加していたが、やはり身長を伸ばすという点においてはさっぱり理解ができなかった。

 

雑誌の広告とかにも怪しい宣伝文句と、あり得ない科学的風な根拠を持ち出して、身長が伸びることをアピールしている商品なんかがあったが、そんなの全く欲しいとは思わなったし、なんでそんな広告があるのかも理解できなかった。

 

むしろ、首につけるだけでお金持ちになれるアクセサリーとかの方が興味があった。

(子供の時からお金が大好きだったのだなぁと深く感じる)

 

体験したことのない苦しみは理解できない

 

自分が体感、理解できない悩み苦しみというのは沢山あるだろうし、そんな悩みだろうが他人は必死に苦しんでいるということは結構ある。

 

そして、自分が理解できない話題においては、相手が傷つくことを平気で言ってしまったりしてしまうものだ。

 

まぁ、当然の帰結である。

自分がその話題のどこで苦しむのかが理解できないのならば、どんな話を避ければ良いのかもわからないのである。

 

だから、自分は笑顔で普通に会話をしているだけなのに、相手が急に機嫌が悪くなるなんてケースが発生する。

 

身長トラブル

 

身長については、このような事態が頻繁に発生する。

 

なぜそうなるのだろうか?

 

身長というのは、主観的にはあまり理解できない事柄だからである。

 

自分の全身を映す鏡というのは、そんなに多くどこにでもあるものではない。

よって、自分の全身をこまめに観察する機会が少ない。

 

それぞれの家庭には、小さな鏡程度ならばあるだろう。

だから、自分の顔についての認識は皆が皆、正しいか間違っているかの判断についてはともかく、認識そのものは行えているのだ。

 

しかし、身長を認識するための大きな鏡というのは、そんなに多くあるものではない。

つまりは自分の身長を認識する機会というのは少ないということになる。

 

認識そのものができていない事柄について、見当はずれな発言をしてしまうのは当然の筋である。

 

だから、身長を気にする人は、身長を認識していない人の発言に傷つけられる羽目になる。

 

身長に優劣はないけど、価値観は大きくズレる

 

身長の問題はもう一点ある。

それは、身長に関する価値観の違いである。

 

身長というのは、気にする人は物凄く気にするが気にしない人は心からどうでも良い事柄だったりする。

また、身長というのは、高いことを望む人と、低いことを望む人がいる。

 

身長については興味の強さも、理想の状態も人によって千差万別なのである。

 

男性ならば、好きな人より身長が高くなりたい、

女性ならば、好きな人より身長が低くなりたい、

スポーツ選手ならば、競技によって身長の高低は勝負を決定する大きな要素である。

それが故に、自分の望む身長というのは、できるならばコントロールしたい強く望む。

 

こんな具合に、身長というものに何が良くて、何が悪いということが存在しないのである。

 

だから、身長の話を行う時は、何を褒めたらいいのかが非常に理解しにくいのである。

下手に気を遣って、相手の身長の高さを褒めたりすると、相手の逆鱗に触れる可能性がある。

 

身長のまとめと対策

 

上記の話をまとめると、身長の問題というのは、

・人によって、身長の関心度合いというのは非常に異なる。

・人によって、身長の良し悪しというものは全く異なる。

 

ということである。

それにより、無用なトラブルが発生してしまい、人は悩み苦しむ。

そして、何とかそれを改善しようと無駄な努力をしてしまう。

 

身長を伸ばしたいと思った時に、食生活の改善を試みる人がいる。

身長なんかは、確かに食生活の影響は大きいけれど、それは満足に栄養が取得できなかった場合、身長が伸びにくくなるというだけであって、栄養をたくさんとっても、身長が伸びる限界というのは遺伝子によって決定されている。

 

適度に健康的な食事をして、大体身長が伸びたら、そこで諦めるしかないのである。

 

また、先に述べたように遺伝的な要因により身長というのは伸ばしたくなくでも伸びてしまうケースもある。

 

ロクに野菜も食べない人でも驚くほどの高身長の人なんて沢山いる。

ガリガリなのに背が高い人なんてザラである。

 

だから、これもまた同様に、身長が伸びてしまったら、観念するしかない。

 

身長に関しては諦めるしかないのならば、身長の話題に関してはどうすればいいのだろうか?

 

「お前の身長が低いのは遺伝子のせいなんだから、クヨクヨしてないでさっさと諦めろよ」なんて言った日には、その人との交友関係を断絶されてしまう可能性は高い。

 

諦めるべき事柄でも簡単に諦めきれない人はいるのである。

 

ならば、どうすればいいのか?

簡単である。

 

「身長の話題は一切しないこと」

 

これが唯一の解決策である。