雨の日はマジでだるいから、高血圧になるために塩分を摂取する話

スポンサーリンク

 雨の日は、ほんとにだるい、マジだるい

 

雨の日は本当に辞めてもらいたいものである。

 

しかも月曜日である。仕事である。

 

月曜日で雨。

 

これは、超必殺技の域に達していると思う。

 

なんだろうか、かめはめ波と北斗百裂拳を同時に受けたような感じである。

 

別に、ゴムゴムのバズーカと天翔龍閃を同時でもいい。

 

要は、めっちゃ最高に強い技を同時に受けた感じである。

 

しかもバトル開始と同時にである。

きっと読者もびっくりだろう。いきなりかよ!みたいな。

 

まぁでもそんな作風も中々新鮮でいいかもね。

大ボスとの戦いが3ページくらいで終わるみたいな。

 

でだ、私は先に挙げたようにとんでもない超必殺技を受けた感じなのだ。

 

月曜日の件については多くの社会人ならば、言うまでもなく理解してくれるだろう。

「早くこの状況をなんとかしなくては!」という感じである。

 

雨の日になると発生する精神的現象

 

私は雨が降ると調子が悪くなるタイプの人間なのである。

厳密に言うならば低気圧になると、である。

 

具体的にどのような症状が出るのかというと、

  • 頭痛(小人がトンカチか何かで後頭部を強打してきます)
  • だるさ(勉強しようとしたら、お母さんから勉強しなさいって言われた時みたい)
  • 頭がボーッとする(言い訳じゃないです、今日は雨だから仕方がないんです)

 

なんて事態が引き起こされてしまう。

まるで良い特徴はない。

 

つまりは私にとっては雨の日は家で遊んでいたいのである。

欲を言えば毎日遊んでいたのである。

 

しかし現実的な問題からすると、雨の日だからと言って毎回休暇を取るわけにはいかない。

だから、外へ出ていくしかない。

 

こんな状況はどうやったっておかしいのである。

 

原始人がこんなことをするだろうか?

雨の日という悪天候かつ危険な状況で平気で外に飛び出す奴は昔ならば淘汰されてきた側の生命ではないだろうか?

 

なのに、おかしい。

現代では雨だろうが、雪だろうが、はたまた雷が落ちようが元気に社会のために自分の生命を投げ売る存在の方が高く評価される。

 

これはおかしい。

原始人が見たら、本気で心配されると思う。

ウホウホ言いながら、マンモスの肉とかをくれると思う。

 

まぁ、そんなことを言ったところで雨が止む訳ではないし原始人が現れる訳でもない。

 

だから、私は現実と向き合うために雨の時の体調の悪さと向き合わなければならない。

なんとかして解決しなくてはならない。

 

低気圧のせいだと思っている

 

私は雨の日の体調の悪さの原因は「低気圧」だと勝手に考えている。

 

独断と偏見という奴である。

 

「低気圧」による「低血圧」である。

 

本当にそうなのかは知ったことではないが、私がそうだと思うのでいいのである。

 

で、その推理をさらに進めると「低血圧」の解消には「高血圧」にする必要がある。

 

これは当然だろう。

 

高血圧ならば、低血圧ではない。これはきっと確かだ。

 

だったら、どうすれば高血圧になるのか?

 

塩分だろう。塩さえ取れば大丈夫だろう。

 

そう思った!たぶん正解だ!やったぜ。

 

「高血圧」になるには「塩分」を取ればよい。

 

結論としては、雨の日の私は「カップラーメン」を食べれば良い。

言うまでもなくカップラーメンは塩分の塊である。

尚且つ手軽である。

3分あればできるから。朝の食事でも余裕である。

 

欲を言えば「チリトマトヌードル」をご所望する。

 

 

これ、めっちゃ旨いよね。

 

さっき閃いたばかりである。

 

よって、まだ試していない。

 

ただ、そこそこに効果があるのではないかと勝手に思っている。

根拠はない。保証もしない。だが私はやってみる。

 

それにカップ麺はやはり美味しいものだと何度も認識させられるよね。

 

チリトマトヌードルにチーズを入れるのは、当然のことだよね?

 

 

ちょっと食べてきます。