細部こそが重要であるので、毎日出現する大切な誤差を選別するために経験量を高めよう。

スポンサーリンク

 

完全に同じ毎日なんてない

 

 誤差はどこにでも発生する。

 

人間はひどく曖昧な生き物なので、それが誤差の発生原因となる。

それを人間は知りながら、人間の発生させる誤差によって右往左往し、一喜一憂する。

 

いつもの自分を考えてみれば、今日は漫画を読んだり、映画を見たり、その日によってやることが全く違うことは想像に難くないはずである。

 

にも関わらず、他人に対してはいつも同じ動作を期待するのは間違っている、というか見当違いである。

 

人は当たり前に変化していく

 

本当に人はすぐに変わる。

 

人は三行にも満たない言葉に心を打たれて人生を激変させてしまうことだってある。

偉い人に認められて、卑屈だった人間が傲慢になったりする。

今まで良い方向に勝手に勘違いしていたことに気がつき反省し、冷静な人間になる。

 

ほんのちょっとのキッカケで人間の思考と人生は全く異なる方向性へと導かれる。

 

誤差を多発させ、誤差によって劇的な変化をもたらす。

人間に限らず、あらゆる生命、物質が誤差によって少しずつ変化していく。

 

微細な現象についてどう向き合うか?

 

ならば、誤差という概念についてどういった態度を取るのが適切なのだろうか?

 

ちょっとの違いについて一々気をもんでしまって日常生活においての精神の健康を損なう必要はない。

 

しかしながら、「神は細部に宿る」なんてことわざもあるように、その少しの差異こそが物事の本質を指し示すケースなんてごまんとある。

 

全ての事象は揺らぎ続けているのだが、その全てを観察していては何もできないという話である。

 

なら、その人間について、どの誤差が非常に重要なものになってくるのかを思考し結論を出し、それに注目すれば良い。

 

自分が欲しい結果と密接に関係している誤差に注目すれば良いのである。

ではどうやってその答えを知ったら良いのだろうか?

そこが重要である。

 

膨大な量の細かな情報を吸収するから、どれが大切なのかがわかる

 

重要であるポイントを探すために重要になってくるポイントは何か。

 

それは経験量だと思う。

 

膨大な数の経験を重ねることにより、ある事象において重要な誤差がどこに存在するかが理解できるようになるのではないだろうか?

 

要は成功者に共通する箇所はどこにあるのか?

それを知りたいなら、たくさんの成功者を観察し、話を聞き、得られた情報の中から共通する情報を抽出すれば良いのである。

 

そうすれば、成功者がどのような存在なのか?

どのような箇所の誤差に対して注意を行えばよいのか?

ということが理解できるようになる。

 

そして、その作業を行うためには非常に膨大な経験量が必要になる。

データは多ければ多い方が良い。

少量のデータであると、本質を見誤ってしまう可能性が多い。

 

上っ面に騙されないためにも、経験値を稼ごう

 

お金持ちがベンツに乗っているからといって、自分もベンツに乗れば金持ちになれる!

と考えるような愚行に走ってしまう可能性だってある。

 

データが多いとベンツに乗っていなくてもお金持ちであるケースも存在してくる。

そうすると本当にお金持ちにとって重要なことはベンツに乗ることではない、ということが理解できるようになるのである。

 

だから、たくさんのデータが重要になるのである。

たくさんの経験が大事なのである。

 

なんでもない誤差と重要な誤差を分ける要素は人生経験がものをいうのである。