私の無意識についての淡々とした愚痴。無意識にもっと利口に働いて欲しい。

スポンサーリンク

私の無意識は私の言うことを聞かない


なんでだろう。

人の身体はわからない。

自分の意思に反して想定外の行動を取ってしまうケースはある。



どうしてだろう、明らかに自分自身にとって不利益なことなのにそうなってしまうのか?

無意識下では望んでいた行動だから、そうなったとかいう理論があるけど、寝たいのに寝れないって無意識が望むのかね?



休みだから、夜更かしがしたいわんぱく小僧なのかな、私の無意識は。

夜になると急に元気になるとか、修学旅行じゃないんだから。

んで、朝になると急に眠くなる。



自然の摂理に反していると思わないのかなぁ。

わんぱく小僧であるだけでなく、世の中に反抗したい思春期でもあるのかもしれない。

私の無意識の精神年齢が低すぎるのはどういう訳だろうか。

緊張が解れると無意識が顔を出す


休みの日になると勝手にそうなる。

まぁ仕事のストレスを遊びによって解消したい気持ちは存分に理解できるから別にいいのだけれど、最終的に損な思いをするのは自分だよ?



寝る時間をズラして時間効率を悪くしてまでも得られる何かがあるのだろうか?

夜更かしして過ごす時間なんて、ネットサーフィンがほとんどで、しかもその内容なんてロクでもないし、その上記憶にも残らない内容なんだぞ。



だったら、メリハリを付けて思いっ切り遊んだ方がストレスも解消されるのである。



眠い。あぁ眠い。

もう外は陽の光が入りまくって、入り乱れて、人を活動的にしようと頑張っている。

なのに私は眠くてたまらない。


計画性のない無意識


なんでも無意識のせいにし過ぎなのだろうか。

できない人間って、なんでも体のせいだったり、無意識のせいだったり、性別のせいにするよね。


確かにその通りの部分はあるのだけれど、すごく言い訳がましいし、そういう人って他人に対しては物凄く厳しい評価を下すし、口も汚い。

自分に甘く、他人に厳しい。

それはきっとダメ人間なのだろう。

できる人間は無意識と上手に付き合う事ができる人間だ。
自分の体をよく知り、バイオリズムに従って最適な行動を取れる人間だ。


自分がやりたいと思ったからといって即座に実現できる程世の中は甘くはない。

昔よくいたはずである。


口だけはすごく綺麗な事を吐き散らす癖に、具体的な策は自分では考えずに全部他人任せ。
美味しい所は全部自分の物にしようとする。

さらに醜いのは、そんなに酷い行動言動をしているのに、自分は高潔で善性の人間なのだと思い込んでいる所である。

昔によくいた、というか今でも昔で、大人でも子供でもいっぱいいるな。
特に政治家とかにいるな。


つまりは、自分の事を自分でコントロールするのは当然の事だし、自分の体といっても、厳密に言えば様々な器官の集合体なのだから、それぞれに気を遣ってバランスを取る必要があるのだ。


早く寝て早く起きる。
こんな簡単な事ができるかどうかでも、私の才能は試されているのだ。