効率良く快感を得る方法

スポンサーリンク

生きている人間は皆、幸せになりたい。


私は勝手にそう思っている。

誰かに確認したこともないけれど、雑誌やテレビではよく「幸せ」というテーマで特集が組まれるし、きっとそうなのだろう。


その割には、満員電車に無理矢理体をねじ込んだり、台風の日に自分の体なんて気にかけずに出掛けたりする様を見ると、「本当に人間は幸福になりたいのか?」と疑問に感じる事もあるが、それでも心の中では皆、幸福になりたいものだと信じている。


まぁ、根拠はないけれど、たぶんそうなのである。



だから、効率的に快感を得る方法というのはきっと皆に喜ばれると思うのである。


お金が欲しい人間が、効率的にお金が増える方法を知ったら大喜びなはずである。


食べるのが大好きな人が、無料で大盛りにする方法を知ったら飛び上がる程に嬉しいはずである。



欲しいものは、楽して欲しいし、たくさん欲しい。


だからこその効率化である。


笑顔は幸せの基本トレーニング


こんな事はもはや言うまでもないだろう。


ボディビルダーがプロテインを知っているようなものだ。


サッカー選手がオフサイドを知っているようなものだ。


だから幸福を目指す者にとっては、笑顔を知っている事は基本なのである。


わざわざ書くまでもないけれど、嘘笑いでもいいから、顔を笑顔にするのである。


そうすると、βエンドルフィンという快感物質が溢れ出てきて幸せになるのである。


そして、脳の回路は使われれば使われる程に強化されるので、βエンドルフィンを毎日出すようにすれば、日毎に幸福感は増していく。


筋トレして、毎日筋肉を太くしていくようなものである。


幸福になりたい人は、必ず毎日行うこと。


5分程度でも効果はある!



βエンドルフィンの材料を摂取しろ!


βエンドルフィンは快感を生む事は先に書いた通りである。


だが問題なのは、笑顔になってβエンドルフィンを発生させる「条件の一部」を満たしたとしても、「条件の全部」が満たされていなければ、当然ながらβエンドルフィンは発生しない。


そぅである、材料がなければ何も作れないのである。


だから、栄養がなければ、βエンドルフィンが作れない事もまた当然の事である。


ならば、βエンドルフィンにはどんな材料が必要なのか?


たんぱく質である。


とりあえずこれを食っておこう。

後は常識的な食生活を行っていれば、βエンドルフィンは十分に発生する。


食事というのは摂り過ぎればいいという訳ではない。

食べなければ当然、体は動かないが、食べ過ぎれば体が食べ物で渋滞を起こしてしまうから、体は動かないのである。


ほどほどで良いのである。


たんぱく質と言えば何?


たんぱく質と言えば色々な食品が想像できると思うけれど、毎日食べる物なのだから体に良いもの食べたいと思うのは当然の事である。


毎日食べるならば、楽をしたいのが人間の心理である。


そんな事を考えると、手軽で安価な「卵」が挙げられるが、どうやらあんまりおすすめできないようだ。


「卵は白身を加熱しないで食べるとハゲるらしい」


事実かどうかはわからない。


しかし私は心底恐怖してしまったので、おすすめはできない。


気になる方は是非とも調べて見て欲しい。



だから、たんぱく質を摂取するには、「納豆」が良いのではと思っている。


安価だし、手軽だし、長年日本人が食べてきている食材だから体にも合うはずである。

カフェインでドーパンミンをドバドバ出して快感を獲得しよう!

カフェインを飲んだことがない人間はいないだろう。

ならばあの高揚感を体験したことのない人間もいないだろう。


あれは間違いなく快感の一種である。

βエンドルフィンの他にもドーパミンも快感のホルモンである。

即座に快感とやる気を摂取したいのならば、カフェインはあなたの頼りがいのある味方になってくれるだろう。