【服装の効果】役割効果を発揮するために自分をファッションで飾るという行動は、意識的に自己の意志や感情をコントロールするのと同義!

スポンサーリンク

服は誰もが着ているもの


きっと誰もが服を着ていると思います。


それこそ人と人が会って会話をする時は服を着ているはずです。


もしも、そうでない方がいたら、みなさん迷惑していると思うので、今後は服を着ることをおすすめします。


今まで捕まらなくて良かったですね。


さて、服というのはいつも身に付けているから意識しないかもしれないけれど、周囲にも、そして自分にも多大な影響を与えている事に気がつかない事があります。


  • 学校に行く時は学生服。
  • 仕事に行く時はスーツ。
  • 家にいる時はラフな格好。
  • 運動する時は動きやすい格好。
  • 危険が多い場所では頑丈な服装。
  • 気になる人と会う時には、おしゃれな格好。

自分がいる場所や、やる事、または期待される行動によって、服装というのは様々な形があります。



スーツを着ているからと言って、全てが許される訳ではない

スーツを着ていると、真面目な印象を与えますよね。


特にリクルートスーツなんていうのは、そのイメージを一身に背負った商品だと思っています。

そうでなければ、採用する方の気分を害してしまいますから、当然の事です。



でも、だからと言ってリクルートスーツを着ていればいいという訳でもない事は、当然ご理解頂けると思います。


だって、リクルートスーツを着るような場所では、大体において周囲の人もリクルートスーツを着ているのだから。


よって、集団の外側から見たらそこそこ良い印象を与えられるかもしれないけれど、集団の中の一人一人を観察された時に、ボロが出てしまってはいけないのです。



別にこれは、スーツだけの話ではありません。


「一つのテーマに沿って、皆が服装を決めてくるという事が社会的に集まりには絶対にあることなので、そのテーマを熟知し、重要な点を抑える必要があるのです」



無論、テーマから外れた服装を着るのは論外です。


就職活動にタンクトップで来る人はいないですよね。

まぁ、なんか逆に目立って合格するかもしれないですけれど、それはイレギュラーケースです。



少なくても、集団の中での平均点を取ろう!

どうにもこうにも、社会というものは非常に面倒くさいものであって、本質的には仕事とは関係ない事でも「平均以下である」というだけで、悪い意味で目立ってしまうという事があります。


なぜなら、平均以下という事は、

・普通の人よりも下である。

・上・中・下で三等分するならば、「上・中以外の少数派」という事になり、立場が弱くなります。


自分よりも多い数を相手にする、そして相手は自分よりも良い、という性質を備えていればそれは必ず不利になります。



そしてその差別はスーツだけでも起こってしまう事があるのです。


特に新しい環境に入ってきた人達はその傾向にあります。


だって、他に比べるような事もないし、皆ヒエラルキー作りに必死だからです。


どうでもいい事でも自分が上だと思わないと精神衛生上良くないからです。



だから、平均点以上を取る必要があるのです。




人の見た目は9割くらいなら、誤魔化せる!


人は見た目が9割!という言葉がすっかり定着しています。


それを聞いた人で、自分の容姿に自信がない人は、「これ私はもうオシマイだぁぁぁ」見たいな感じで落ち込んだ顔をして、余計に見た目を悪くしてしまっていますが、そこまで気にする必要もないのです。


別にとてつもないイケメンに成り代わる事はできなくても、「そこそこ印象の良い人間」になら、今の時代なる事は可能だからです。


太ってるなら、痩せればいい。


ガリガリなら筋トレをすればいい。


こんな事は言うまでもなく、今の時代は顔面が気に食わなければ、改造手術を施すことだって可能です。


メガネが嫌ならコンタクトだってできます。


髪がないなら植毛ができます。


こんなに外見を誤魔化す技術があるのだから、自分の見た目でグズグズ言っている必要はないのです。



少しスーツから話が逸れてしまいましたが、スーツにしたって同様です。


ちゃんと自分のサイズに合ったように仕立てて貰えば、スタイルは良く見えるし、デザインだって専門家の人にお願いすればそこそこの格好になります。



そして、先に挙げたように「人は見た目が9割」なのだから、それだけで得することがたくさんできるのです。



仕事をする時に服装はやっぱり重要だ!

人間はお金儲けをする限り、常に誰かと何かを比較されながら生きていく。


そして、結果としてどのような人間が選ばれるかは、

  • 外見
  • 能力
  • 評判

くらいなものである。


能力ははっきりとは目に見えないから判断しにくい。


評判も同様である。


しかし外見は人間の目に見える物だから、評価基準としては非常に重要視されやすいのだ。




というか、専門家に頼む時というのは「自分には専門知識がない」時なのだから、外見と評判に頼るしかないのだ。


ならば、外見さえしっかりとしておけば、それだけで仕事のアドバンテージを得たような物である。



今の時代、色々な価値観と共に色々な服装が出現してはいるが、相手から見た印象の良い服装というのは、よく考えておいた方が今後のために事は確かである。


服装を着分ける事で「なりきり」を行う事ができ、その場の状況に最適化できるようになる!


服装というのは自分の好みで選ぶ時もありますが、職業や場の雰囲気によって服装を取捨選択する場合も多々あります。

  • スーツを着ていればサラリーマンだと思われる
  • 警察服を着ていれば警官だと思われる
  • 白衣を着ていれば医者だと思われる

服装によって我々は「その人が何をするのか?」を判断しています。

ならば、自分でその状況や行動に適している服装を意識的に着る事によって、自分の気分や行動をフォーカスする事ができるのです!


だから、家の中でスーツを着て仕事に勤しむ事はおかしな事ではないと私は思います!

また、集団の中である一つのテーマが与えられているのならば、その中でもランクの高い服装を着こなすことで、「この人はランクの高い人なんだな」と思わせる事ができます。


外見一つで楽に気分を転換できたり、楽に他者の評価を高められるのならば、実践した方がお得ですよね。


高級なネクタイ一本で、印象はガラリと変わる。