「西尾維新/刀語_第一話_絶刀・鉋」のあらすじ、感想、レビュー

スポンサーリンク







「鉋」


かんな、と読むようである。

鉋(かんな)は、木工用の工具の1種で、主として材木の表面をけずって加工する目的で使われる。
wikipediaより
「鉋」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%89%8B
最終更新 2016年8月24日 (水) 12:21

ざっくりと、あらすじ(刀語だけに)


第一話のタイトルが「鉋」であり、鉋とは木工用の工具だからといって、別に当作品が「大工のサクセスストーリー」ではないことをここに明示しておきたい。


別に木材を加工したり、設計図を書いたり、家を建てたりするような描写はこの本には一切ない。


そのような描写を目的にこのページに訪れた人がいたとしたら大変申し訳無い。



ならば、タイトルの「鉋」とは一体何を表すものなのだろうか?


確かなことは大工用品ではないという事。


そして、この本のタイトルは「刀語」である。


刀について語る本である。


つまりは鉋は刀にまつわる何かなのだろう。


この予測は極めて妥当であり、至極正しい。

よって正解である。


この本では主に「鉋という刀」が登場する。




この刀、名刀である。


それが故に強い毒を持つ。

「無性にに誰かを切ってみたくなるという毒」を持つ。


そんな刀が12本ある。

名工「四季崎記紀」が作りし名刀12本の内、一本が「鉋」である。



この刀を始まりとして、「四季崎記紀」が作った完成形変体刀12本を巡る話である。



その12本を巡る、二人の男女。


鑢七花と奇策師とがめである。


鑢七花

虚刀流第七代目当主である。


虚刀流とは「刀を使わない剣法」である。


それ「拳法」じゃないの?

という疑問は度々出現するが、本人曰くあくまでも「剣法」である。


刀を巡る冒険においての主人公が「刀を使わない剣士」という所が面白い所である。


尚、この虚刀流は伝説的に最強の剣法であり、6代目当主は「英雄」扱いである。


でも、なんやかんやがあり、島流しにあっている。


奇策士とがめ


「策を練るのが策士ならば、奇策を練るのが奇策士である私の役目だ」

こんな台詞を吐く、童顔の女性である。


何を言っているんだ?と思うが、大層長い肩書を持っている軍務におけるとっても偉い人である。


幕府に仕えるが幕府に恨みを持つ人間である。


今回の幕府の命令が「名刀である12本の刀を蒐集(収集)してこい」という事であったので、その旅の戦力として鑢七花の元へと訪れる。


感想、レビュー

アニメ版で既に全話視聴済である。


というか面白すぎて3周くらいアニメを見ている。


だからラノベの方も購入したという次第だ。
(ちなみに全巻一括購入した)



表紙にしろ、途中の挿絵にしろ「とても素晴らしい」としか言いようがない。


和風の絵柄というのはやはり好きである。

  • 最初に見た時は、どうにもデフォルメし過ぎていて緊迫感に欠けるんじゃないか?
  • 最近のぷよぷよの絵柄に似ているなぁ。


なんて思ったが良い絵柄である事は確かである。

そして結果としては、十分に物語に引きこまれた。



内容としては、やはりアニメの後に見ているので、「アニメ版では時間の関係上削られていた箇所」、「アニメ版では構成的に削られていた箇所」に非常に注目した。


とはいっても、どちらが前者でどちらが後者であるかの確証ないのだが、私見ではその両者の分別をしていた。

  • 要は物語の終盤を大きく盛り上げるために、わざと情報を削っている
  • 蛇足的になりがり、または展開にスピード感なくなる、なんて理由から情報を削っている


と思えた箇所があった。


だから、アニメ版とはまた違った印象を持って購読する事ができた。


やはり文章であるから心理描写についての比重が大きく、それがまた違った観点からキャラクターを楽しむ事ができた。


真庭忍軍の中では蝙蝠が一番魅力的であると感じた。
(きゃはきゃは、なんて笑い声はアニメ版を見なくても非常にキャッチーである)


ちなみに一番かわいいのは当然ながら真庭ペンギンである。


ラノベ版で絶対的に良いのは「アトガタリ」が読める事である。