虫ってなんで人の目の前で目立つように飛び回るの?構って欲しいの?

スポンサーリンク

虫は長生きしたいと思わないのだろうか?


あんなに目の前をうるさく飛び回ったりしなければ、こっちだって殺虫剤を購入したりしないのだが。


あいつらは体は小さいけれど、生き様は太く大きく生きようとしているのだろうか?

そういう意味ではやはり一寸の虫にも五分の魂ということなのだろう。



というか虫ってそんなに複雑な知能を有している訳ではないから、簡単に決められた規則に基づいた結果が人間の目障りになっているのかもしれない。


それでも虫っていう生き物は遥か昔から生存しているのだからとんでもない話である。


そういう部分はある程度、参考にしてもいいのかもしれない。

太く短く人生を生きる

太く短く生きたいのならば、複雑な事を色々と考えないで、自分が決めた少しの単純なルールだけに従って生きていった方が良いのではないだろうか?


何かをしようとする時に「でも、だってああなった時にあれだったら大変じゃん」みたいな事をつべこべあれこれと並べ立てる人間が即座に行動できることは皆無だし、そもそも行動できなかったりすることもよくある。


逆に物事を深く考えない、単純な人(言い方を悪くすると馬鹿)な人の方が、行動はスピーディだったりする。



まぁ、別に知能が高い分には全然よろしいのだけれど、それでも自分の本当に大切なルールはそんなにたくさんは必要ないと思う。

信念を持て、行動規則を決定しろ

座右の銘は?


なんて質問が有名人だったり歌手だったりには、よく投げかけられている。


そういう事を聞かれる人達は、やはり当然ながらある程度の功績を上げた人であるから、私としても非常に興味深い。


興味深いからよく聞いてしまうのだけれど、座右の銘というのは、ある種の成功者だけが持つものではなくて、普通に暮らしている人達でも是非とも持つべきものではないかと思うのだ。



そんな自分なりのルールを持ち合わせて即座に確実に行動してけるから、成功する確率も上昇するのではないかと思う。


いつまでも自分の行動が決められずに迷ってばかりに人間が上手くいく道理はないし、仕組みが完全ではなくても正しく動作し方向性が定まっているものならば、一定以上の成果は出るし、周囲から理解されやすいから求められやすいだろう。




だから、虫よりはもう少し複雑でいたいとは思うけれど、何かシンプルな座右の銘を持ちたいと思う。


それが迷いをなくし、自分の進む道を指し示すのだろうと思う。



虫は目障りだが、ルールを持たない虫はそもそも目障りにもならない。


ルールを持つから人の前に出ることができるのだ。