イロトカタ

純然たるイロトカタです


私のブログの歴史を振り返る時が来る。そんな時が来るだから、目先のアクセスが云々とか、ちょっと無駄かもしれない。

人間の強さは長期的計画を立てられる所

お金を大きく稼ぐには長期間に渡る綿密な計画が必要なんだってさ。


確かにそうなんだろうなぁ、と思う。


人を集めて、会社を作って、企画を打ち上げて、出資者を募って、予算を集めて、仕事を始めて、顧客を獲得して、契約をして、仕事の管理をして、なんやかんやでやっとの事で大きな金銭に変わるのだろう。


これだけ大きなことをしても、何も変わらないか、マイナスになることだってたくさんあるらしい。



でも、それでも多大なお金を集めるには、そういった事へと挑戦していかなくてはならないのだろう。


今日一日いきなり思い立った所で、ちょっと1時間や2時間程度頑張った所で、何かが変わる訳ではない。


ほんのちょっと。ミリ単位で何かが変わるだけだ。


だから努力の継続が声高に叫ばれるし、計画の大切さが崇められる。


人間は、ほんの少しずつしか進めない。


それは一人の人間単位でもそうだし、会社という集団でもそうだし、人類という歴史でもそうだ。

私は世界の歴史から見れば、とても小さい

なんでもゆっくりで、気が付いて振り向けばあっという間だ。


なんやかんや人類は何万年という歴史を紡いでいるらしい。


でも私からすればあっという間だ。無論それだけの歴史を私そのものが生きてはいないのだから当然だが、私や私を取り巻く環境が私によって影響を受ける量なんて微々たるものなのだから、生きた歴史を振り返るのも、知らない歴史に思いを馳せるのも、大して違いはない。


私の運勢や私の体や私の脳みそだって、私が関与できる範囲は物凄く小さい。



そんな物凄く小さい何かを毎日コツコツコントロールして、積み上げていって、長い時間を掛けてそれなりの形を作っていく。


それが綺麗だろうが、歪であろうが、そうやって人は歩いて行く。


目に見えようが、見えまいが。積み重なろうが、その日その日で蒸発しようが、人は毎日何かを生産する。


何を生産するのか?積み上げるのか、蒸発させるのか?

その辺りで人生の方向性や金銭的豊かさが決定されていくのだろう。



まぁ、なんであれいずれは全部パーである。気楽に行ったらいいのだと思う。

長い目で自分を見よう

私の場合はお金が好きだし、継続して何かが積み上がっていく感覚も好きだから。今後のそういった風に生きていこうと思う。


それこそブログなんて積み重ねの典型例だよね。


もっと大きい企画とかを掲げて、それに沿って何かを積み上げて形作ってもいいのかな。なんて思う。



今はブログを一日一日のアクセス数だとか他人からの評価なんかに目を行ってしまうけれど、数年後の自分が見た時に、ブログとして綺麗に存在しているかどうか、なんて観点も大切なんだろうな。


ブログは人生の全て!なんて言うつもりはないけれど、間違いなくブログは私の人生の一部なんだから。


目先の事にとらわれず、長期的に長い目で計画的にやっていこう。