【メルスト】久々にログインしたらギルドが乗っ取られた件について

スポンサーリンク

分断された世界、再び紡ぎ合わされる世界

メルクストーリアを辞めて、もうどれだけの時間が経過しただろうか?


私が介入しない世界というのは、もうどこにも存在しないかのように錯覚してしまうような感覚になってしまうけれども、それは全くもって私の独りよがりの勘違いというもので、私が知らない世界、私が関わらない世界も今日も元気に活動している。


メルクストーリアもその世界の一人だ。私と関係を持たなくなった世界であり、これからまた再会しようとしている世界。



どこかのサイトのどこかの部分でメルクストーリアの広告が打たれていた。


広告効果というのは本当に有効なモノであり、私はその広告を見た瞬間にメルストに熱中していた記憶が蘇る。

「良いキャラたくさんスカウトしたいなー」→「全然こねぇ、星2ばっかじゃねぇか」

「ダイヤたくさん欲しいな」→「真面目にコツコツクエストやるより、運営ミスの謝罪の方がたくさんダイヤもらえるってどうよ?」

「課金したくねぇ」→「億万長者になりてぇ」



みたいな記憶が蘇った。



いや、それでよく再開しようと思ったよな、私。



でも、メルストは絵と雰囲気はとても優しく綺麗なものであるから、十分に魅力は溢れているのだ。
(戦闘は確実に飽きるけどな)


だから、メルストを再会しようと思った。今度はもっと違う目線で。ただ勝つ事だけ、強くなる事だけ、そんな事ではなくってメルストという世界と深く関わるために。



ただ、無機質的に接続される事が関わりじゃない。


相手の世界の「成り立ち」から「将来」までを知ろうとする、理解しようとする、勉強する。そんな姿勢で相手の世界を理解し私の世界と溶け合わせていくことこそが、より良い関わりというものだ。



メルスト、再始動すない


起動した、メルストを。起動された、アップデートが。起動した、溜まり溜まったダウンロードが。


おいおい、時間掛かり過ぎ。まぁ久しぶりだから、しょうがないよね。そっちだって色々準備があるだろうから、許すよ。



さて、ようやくメルスト起動。

久しぶりでもいつものようにログインボーナス。


プレゼントボックスを見ると、運営のミスやらなんやらでダイヤが10数個入っていた。大盤振る舞いだな。


どれどれ、久しぶりのギルドはどうかな?みんな元気でやってるかな?ギルドマスターたるイロトカタ様のご帰還だぞっと。



なんて久々の馴染みのギルドの扉を開けると、そこには驚きの光景が。


ギルドマスターの称号が剥奪されている。あれ?ギルドマスターの資格を乗っ取られたの?メルストって乗っ取りシステムとかあるの?そんなドロドロしたゲームだったのこれ。


で、色々調べてみると、「ギルドマスターが一週間ログインしないとその称号を剥奪されるそうな」


で、サブマスターがギルドマスターに引き上げられるんだってさ。なるほど、乗っ取られたというよりかは、自ら地面にダイビングしたようなものか、納得。


もう一回メルスト再会するのかどうかは、わからなくなったけど、とにかくみんなも気を付けようね!