引っ越そうと思ってたけど、家の大掃除をしたら別にそんな必要がなくなった

スポンサーリンク

部屋の汚さに自分で気が付ける奴ってのはいるのか?

部屋が狭いってのは嫌なもんだ


自由に体を動かすにしても、いちいち物が散乱しているから何かしらにぶつかる。どうして休日なのに私は物に対して気遣いをして生きなければいけないのだろうか!


それに見栄え的にもよろしくない。物が散乱しているってことはそれだけホコリが舞いやすくなるし、さらには汚れも溜まりやすくなるから、余計に視覚的によろしくない。


汚すぎる部屋はそれだけで人間の気力を吸い取るものだから綺麗に掃除しようなんて気力も湧かない。



掃除せずとも時間は過ぎるし、ダイレクトに強烈に私にダメージを与える訳ではないので、いつまで経っても掃除をしない。こんな事をしていると実はアレルギーだったり肌荒れだったり、体調の悪化だったりが起こるのであろうが、今までそんな事を気にしたりしなかった。



即座に実行する人間、マメな人間ほど優秀であり、成功する!という信条を小脇に抱えて今まで生きてきた私からするとこれはとんでもない事実である。



だがしかし、日常の中に当然と君臨している事実というものは人間はまるで気がつかない。この点についてはゆでガエルと同じである。


そして、部屋の汚さなんてものは友達や恋人が存在しない限り、それを気づいたり指摘されたりすることがない。



私みたいな基本的に休日は家の中で過ごすような人種からすれば、年間100日程度もそこに存在し続ける環境であるというのに、それについてケアやメンテナンスをしていないとは恐ろしい話である。

転機はいいもんだ。自分を見つめる機会になるから


そんな私でも部屋の汚さに気がつく時がある。


部屋を第三者視点から見る時だ。多くの場合は友達やら恋人なのだろうが、そのケースは割愛する。


私の場合は、それは引っ越しであった。


「引っ越す→部屋を綺麗にしなくちゃなんねーじゃん!→つーかこの部屋汚い!」


そんな三段飛びで私は見事「部屋を掃除する」という誰もが当たり前にやるであろう事実に辿り着くことができた。


私にとって部屋の掃除とはそんなに遠い距離にあったのかと落胆するばかりである。

狭い部屋でも有効に使用すれば引っ越す必要なんてない


結論としては、「環境を変えるのもいいけれど、今の現状ってもう少し綺麗にできない?そうすれば今の環境が新しい環境になったりしない?」


ってことである。



「合わなければ環境を変えろ!」


これは確かにその通りであり、今の時代ならば、誰もが口を酸っぱくして何度も言っている話である。


しかしながら、自分の手が届き自由に変えられる環境くらいは、逃げずにその場所そのものを変える努力があってもいいんじゃないだろうか?

そんな事を部屋掃除をして思った。


あぁ不燃ごみ捨てるのめんどい。燃えないゴミ袋なんて持ってないから買いに行かないと。