私のブログなんかブログっぽくない気がする。ブログに大切な何かが決定的に欠けている気がする。

ブログと記事の違い


ブログもホームページもアフィリエイトも現代は色々とごちゃ混ぜになってしまっているから考えなかった。



ブログってなんだろう?



「いやいや、ブログってのは自分の考えている事をそのまま吐き出すだけで、優しい誰かが私の承認欲求を満たしてくれる最高のツールだよ!」



っていう回答は勿論だろう。それはそれで正しい。


ただ、なんだかちょっと物足りなさを感じる。何故だろうか?

時の流れと文章


要するに「私のブログって時代を感じないんだよね」って話だ。


こう、3年後とかに読んでも私のブログの文章って読めると思う。だってその時代に流行った事とか、今話題になっている事とか書かないから。それに自分の近況だったりも具体的に書いたこともない。



だから、私のブログってのは「今現在執筆される必要性がない」のである。だから時代を感じない。



例えば、今日私にとてもうれしい事があって、その感情が溢れ出して止まりようがない!って時に文章の繋がりとかまとまりと一切放棄して、思いのままに文章を綴る!っていうのならば、それは「私個人の時代の一部であるから」周囲から見て意味不明であっても、時代を感じる文章なのである。



しかしながら私はそれをあんまりしない。今日あった出来事でも抽象化して極力誰にでも読めるような形にまとめて投稿する。


そんな文章を時間が経過してから読み返してみても「昔自分がどんな体験をしてこの文章を書いたのか思い出せない」のである。仮に思い出せても感情を揺さぶられない。


そこになんか物足りなさを私は感じている。

まぁ、ブログってのはその時その時の感情の発散先として機能すれば、それで十分であるのだから、深く追求して実践する「必要性」はない。


絶対必要ではない。でもなんか物足りないのである。


気の迷いだろうか?それとも最新のニュースにコメントでもしてみようか?


まぁ単純に一時的な発作みたいな物かもしれない。


だが、自分の過去をまるで振り返れないってのも、なんか寂しいと思う。


こう、最近のニュースに自分の脚色していない感情をぶつけるだけでも、それは「自分の時代を形作るブログ」になるのかもしれない。


身にならなくても、教訓がなくても、意味がわからなくても。そのブログを改めて読み返した時に「あぁ、私はあの時、こういう気持ちを爆発させていたのか!」ってな事を思い出せれば、もうちょっと満足できるのかもしれない。



行動も習慣化していると、何のためにこれをやっているのかわからなくなるから、再点検は必須である。