理想の朝ごはんなんて不要だ!朝食は食べるとダルいから食べない!

スポンサーリンク

朝ごはんって実際みんな食べてるのだろうか?


私は朝ごはんを食べない。

  • 朝は時間がないからご飯を食べる事で大切な睡眠時間を無駄にしたくない。
  • 食事代が余計に掛かる
  • 朝からご飯を食べると胃が疲れるし眠くなって能率が悪くなる


なんて理由があるから朝ごはんを食べないのだが、そんなにおかしい事だろうか?


実際問題それで毎日の生活に何ら支障はない。というかむしろ快調だ。


世間が良しとする正解よりも自分が実際にやってみて良いと思った正解の方が大切だと思う。よって私もこれからも朝ごはんを食べないだろう。



とは言っても、軽い飲み物くらいは飲む。


コーヒーとアーモンドミルクを飲む。どちらも飲み物なので消化にエネルギーは取られない。



全員に共通する健康法なんてない


お国が正しいという事は絶対正しいのだろうか?


10人中9人が正しいという事は誰にとっても正しいのだろうか?


自分が体感的に不快感や違和感があるものを摂取することが正しいのだろうか?



上記はよくよく考えてみれば絶対に正しい理屈なんてない。


国だって国の利益のために平気で嘘を付く。


「10人中9人が正しい」と言っても11人目が間違っていると言うかもしれない。


そして何より重要なのは自分自身の感覚である。


よって自分にとって問題がある健康法ならばそれを実践する必要はない。



結局その辺は人によって違いが大きく出る要素なのだから、自分で実際にやってみて、それによって得られた結果こそが一番価値がある。


そんな大切な事を人はテレビや大衆の勢いに流されて忘れてしまう事があるので、注意深く生きたいものである。


理想の朝ごはんの形は人それぞれ


理想の朝ごはんはなんですか?という質問には「朝ごはんは食べない事です!」という回答があっても良い、という話だ。


逆に物凄く朝ごはんを食べる人がいても私はそれを否定するつもりはない。


自分にとっての当たり前は他人からすれば当たり前ではないからだ。



自分にあった生き方を見つけましょう!私は私で他人は他人です!



世の中にはこういった人間もいる。


このレベルと特別な人間と自分を照らし合わせてみる事で、自分は自分でいいんだ!と思えるかもしれない。