孤独と苦境は本当に大切な物を教えてくれる

スポンサーリンク

今、孤独な人へ


孤独というのは基本的には辛い。好きな人は好きらしいけれど、多くの人にとっては恐怖の対象である。


孤独が苦痛である原因は色々あるのだろうが、その理由の一つとしては「自分の意識が自分に集中砲火されてしまうこと」にあると思う。


誰かの事に関心を向けたり、誰かの良い所を褒めたり、はたまた逆の行為をしたり。


集団で生活するに当っては、自分という存在に長時間意識を向け続けるような事はない。しかし孤独はそれを実現させる。



自分の意識がどうしても内向き(自分の内側)になってしまうから、孤独は人に見せたくない事を見せたり、考えたくもない事も自然と考えてしまう。



今まで考えなくて良かった事。今まで向き合わなくて良かった事。他人を頼れば解消した事。


孤独はそれを全て表面化させ、自分の脳みそに集中砲火する。


だから孤独は怖い。そういう事なんだと思う。


孤独は無駄な物を削ぎ落としてくれる


孤独は多くの場合、苦痛である。


先に挙げたように、向き合いたくない事に向き合わなくてはいけないからだ。


だが、孤独にだって良い面はある。


今まで逃げていた事と強制的に対峙させられるって事は、自己の脳内の整理整頓に繋がるからである。


度が過ぎると、妄想幻想の類が湧き出てしまって他者とのコミュニケーションが困難になってしまう場合もあるらしいけれど、まぁその辺はバランスの問題である。


また、孤独や苦痛を味合わされる事で、今まで必要だと思っていた物が実は全然いらない物だって判明することもある。




無駄な人間関係、無用な気遣い、非効率な仕事など。



やらなくてもいいこと、なくてもいいこと。


それが判明するのは、自分が苦境に立たされた時である。


孤独を味わうから、本当に大切な人の有り難みが理解できるし、いらないしがらみがなんだったのかも理解できる。


苦痛な環境で生きるから、自分をより良く生かす物だけが残っていき、本当に自分を助ける物が何かを知る。

テレビや皆が言っている大切な事


孤独に生きるってことは自分の脳みそを使って生きるってことでもある。


孤独な生活を続けた時に、テレビや皆が言っていた大切な物って言うのは、どれだけこの手のひらに残るのだろうか?


思いがけない何かが自分を助けたり、常日頃から頼りにしていた人がまるで存在意義がなかったりする。


その現実を突きつけられるからこそ、孤独や苦境ってのは恐ろしいのであるが、それを乗り越えた後の自分の脳内と生活はリフレッシュされるのではないだろうか?


孤独と苦境には自浄作用がある。言うなればそれがメリットなのだろう。



それは苦痛を伴う激しい変化である。


だが本当に大切な物を教えてくれる事でもある。