器が大きいとは溜める力であり耐える力であり蓄える力である。

器の小さい人ってセリフは大概が悪用ケース

「器の小さい人だなぁ」


こんなセリフを言われた事はないにせよ、言われたくないセリフである事は確かである。


この言葉の裏には「私のワガママを全てしっかり受け止めろよ!クソが!」っていう気持ちがあって、「自分の粗暴さ」を「相手のレベルの低さ」に置き換えて相手を非難する意図がある。



「自分は悪くない。悪いのは相手だ!」の流れを完成されるためにセリフが「器が小さい」である。



つっても、これは「器」の悪用ケースであって「器」を考えて行動する事は悪い事ではない。道具を悪用する人間が悪いだけである。


器ってひとえに言うけど、それって何の器ですか?


器と言っても、それはひとまとめにする事ができる代物ではない。


「器の大きい男!カッコイイ!」みたいな感じが溢れているから勘違いしてしまいガチだが、器には様々な種類がある。


お金の器が大きい人はお金持ちになる。

恋愛の器が大きい人はモテる。

ならば、他人の悪口の器が大きい人は、他人からたくさん悪口を言われる。



器って物であればなんでも大きければ良いってもんじゃない。私はそういう事を主張したい。




つまらない恋愛相手のワガママを聞く器を大きくしてはいけないのである。そんなゴミを溜め込むような器を大きくしたって、その結果入ってくるのはゴミだけである。幸せが入ってくる道理はない。



幸せになりたいのならば、幸せの器を大きくしなければいけないし、つまらないワガママから遠ざかりたいと思うのならば、つまらないワガママの器を小さくしなければいけない。



器なんて言葉を使うから誤解しがちだが、要するに「脳のどの部分を強化するか?」って話である。



脳のお金稼ぎに関わる部分を強化すればお金持ちになれるって話である。


ワガママを聞いてもジッと耐える部分を強化すれば、より強大なワガママを聞く能力が強化されるって話である。

「器の小さい人だなぁ」なんて言う人とは縁を切ろう!


よって「器の小さい人だなぁ」なんてセリフを吐かれたのならば「つまらない人間を収める器なんて私にはいらないです」と返してやれば良い。そんな人間と縁を切った所でこの先なにか困るだろうか?困らないだろうし、逆に幸せになるだろう。


悪い器を小さくすれば、その代わりに別の器が大きくなる。


人間とは何もしないでいる事ができない生き物だから、別の行動に時間を掛けるようになり別の器が大きくなる。何をしたら良いのかわからない人は明らかに悪い物を捨てる事をオススメする。

大切な器は何か?

「器が大きい」という事を考える際には「何の器を大きくするのか?」って事を真剣に考えなくてはいけない。



その上で、溜めて蓄えて、そして時には耐え忍び。継続してその器にエネルギーを注ぐ事によって「器が大きい人間」が完成する。


不要な器は小さくて良い。


自分にとって大切な器は何か?そしてその器を大きくするために、自分は毎日何をするのか?


その点を踏まえて生きるのであれば、「器の小さい人だなぁ」なんてセリフに戸惑う事もないだろう。