椅子の高さは慣れるのだろうか?それともさっさと取り替えたほうが良いのだろうか?【山善(YAMAZEN) 折りたたみチェアー】

ネットショップで椅子を買った

椅子を注文した。


理由は色々あるけれども、この先、面倒のないように折りたたみ式のシンプルな椅子を購入した。


折りたたみにも関わらずクッションの部分はとてもしっかりしていて、座り心地に関しては何ら問題はない、快適。


折りたたみ性能に関しても全然大丈夫。簡単に折りたたむ事はないから余計なスペースを取る事は一切ない。というか折りたたまなくてもまるでスペースを取らない。最高。


デザイン的にもオシャレ。いい買い物をしたな、と思った。



椅子の高さをネットショップで完全に把握するのは難しい

だがしかしである。問題が一つだけあった。amazonの画像を見ても、商品詳細をしっかりと刮目しなくてはいけないレベルでの問題が。



この椅子、背が高くないか?前の椅子よりも全然高いぞ!?


なんて事を座ってからようやく気づく。今もその背の高い椅子に座りながら文章を書いている。



まぁ、そりゃあ天下の山善さまの商品であるからめちゃくちゃバランスが悪い程に高い訳ではない。


だが、私がこの椅子に座るとギリギリ地面に足が着く程度である。前の椅子ならばもっとドッシリと着地できていた。



レビュー欄に書いてあった椅子の高さは42センチ程度だとか。というかレビュー欄を見ても高評価ばっかりである。椅子の高さに文句を言っている奴らは誰もいない。


いや、いるな。もう一回レビュー欄を見直してみたら座面が高いという表現で椅子の高さを高いと言っている人がちらほら。もっとちゃんとレビュー読んでおけば良かった。でも大体高評価である。




まぁ、お尻が痛くなってきている感じがなくもないが、この辺は慣れなのだろうか?もうちょっとだけ使ってみたい気持ちがある。だってせっかく買ったんだもの。そして椅子は簡単に捨てる事ができない。すごい面倒なのである。

折りたたみとクオリティのジレンマ

現代においては椅子って物凄い大事な存在なんじゃないだろうか?


なぜならば、職種によっては一日8時間以上も椅子に座り続けて仕事をする人間がたくさんいるからである。


適当な椅子を選んで適当な座り方をしていると簡単にお尻を痛めてしまうのが現代である。そして問題なのはお尻の悩みは相談しにくいという事である。



椅子から生まれる悩みは非常に面倒なのである。



とは言ってもこの面倒な状況をいつまでも続けている訳にもいかないし。


レビュー欄にこれをオススメしている人がいた。


高さは40~50センチまで調節できるとのこと。だが折りたたみができない。という事はスペースを取る。めんどい。


まぁ、この辺は人それぞれなのだろうが、色々と椅子については調べて試してみようかと思う。