イロトカタ

純然たるイロトカタです

イロトカタ 201807021923



「失礼だぞ!」と言葉狩り的に言われた時の対処法・反論

「なるほど」と「了解」を失礼だと言うのは言葉狩りだと思う

自分とはまるで違う感覚、まるで違う前提で世の中を生きている人もいる

私とは全く違う感覚で世界を生きる人

復讐と天罰/許しと自己欺瞞

許すタイミング

上司と顧客の間で板挟みになっている人が取るべき戦略

板挟みに悩む人へ

「良かったこと」を話すと嫌われる人への対処法

ファッションとしての幸福

急な無茶振りはうざい。だが商売のチャンスはそこにある。

ピンチはチャンス。無茶振りもある意味チャンス

「言ってる事が正しくても、伝え方が悪くて失礼な人」に対してどのように振る舞うの得策なのかを考える

正しい事ならば、何を言ってもいいのか?って話と対処について

「わかりやすさ」が言語化できない、わからない。プライドと思いやりのせめぎ合い。

「わかりやすさ」は目には見えない。

友達のデメリットは自己の定義が固定化される事にある。

支え合うのが友達である。支えるとは維持すると言う事である。

「善意」とか「助け合い」って日本のローカルルールだ。というか「自分の正しさ」を相手も持っていると思い込む事は甘えた考えである。

自分の正義は相手の正義と一致しますか?

フードコートとニット帽を深く被ったキモいクズ

種種雑多な人混みはゴミ。

悪気なく人をバカにする人についての対策

悪気があるとかないとか、どうでもいい。

君が無能で居てくれるから、僕の居場所はここにある。

他者の無能に憤る必要はない。

嫌いな人間を減らす方法

「他人を変えようとするな、自分を変えろ!」って言うけど、その言葉を言った奴は他人を変えようとしてんじゃん。

他人の発言に傷つくのは、自己と他人に期待し過ぎているのである。

毒は食わねば傷つかない

薄毛の人が「髪型を一切変えずに」ハゲの悩みを解消する方法

ハゲでも愛されてモテる人間は、いる。

他人と一緒に仕事をするっていうリスクについて考えてみる必要がある

コミュニケーションコストがない分だけ、もしかしたら一人の方が速いかも。

他人を通せば人はどの道、苦しむのである。【他人の幸福は毒の味、蜜の味】

人は「人との関係性」の中にしか生きられない。

未来を人質に取る人達について

いつまでも明日のために生きて、大切な今をドブに捨て続けるつもりですか?

信頼って言葉に違和感がある、要するに賭ける価値があるか?という事ではないか。

信頼ってのは、まるっきり他人に依存するって事じゃない。

恥ずかしいという感情は帰属する社会から離れてしまった時に発生する

社会的感情について。

仕事中に隣で居眠りする奴が気に食わない。とても邪魔。

どんだけ寝れば気が済むんだよ。

ダメな人って自分よりもダメな人の話ばかりする気がする

下を見れば、下に進んでいく。

「バカ」という言葉は実は優しい言葉なんじゃないか

具体的じゃないって事は、それだけダメージは少ないって事。

緊張すると何か飲み物を飲もうとする時に首が上手に上がらなくなる

当たり前の事ができなくなったら、それって緊張してる証拠。

予定変更とか仮とか保留とか、そういうのを乱用するから信頼されない

宣言して達成するから信頼される。

身の上話とか過去編ってのはやり過ぎると、どんなに良い話でも卑怯!!

誰だって何かしら抱えてるのに、自分だけ不幸をネタに愛されようなんて。

善意の強要とホメオスタシス【善行が当たり前だとされる社会に】

せっかく良い事をしたのに、「全然足りない!」とか言って怒るやつ。ダメ。

好意の返報性はしがらみと惰性と義務感の始まり!関係の終わらせ方について。

上っ面で続く関係性ほど無駄なものはない。

被害者アピールができない人が助けてもらえる道理はない。

何も言わずに助けて貰える訳ないじゃん。