イロトカタ

純然たるイロトカタです

卵が先に決まってんだろ!


普通に考えて鶏がいきなり発生する訳ないだろ!

卵が先か?鶏が先か?みたいな諺?なんていうのアレ?言い伝え?よくわからんけど。

よくわからんけど、こんなの卵が先に決まってんじゃん。

卵もなしにどうやって鶏が生まれるんだよ?って話じゃん。


そういうとアレだろ?鶏もなしにどうやって卵が生まれるんだよ?とかって聞くんだろ?違うから、絶対間違ってるから。



極々自然に考えてさ、何もない空間にいきなり鶏が発生する確率ってあると思う?ないよね?


でもさ、超奇跡的に今の鶏の卵とは比べ物にならないレベルでの小さな卵らしきものが生まれるケースってのはあると思わない?


確かにどっちも異常事態なのは確かだけれども、超小さい卵らしきものが奇跡的な確率で生まれる可能性の方が高いと思わない?

で、そうやって奇跡的に生まれた卵らしきものが、超幸運で成長して進化して今の姿の鶏が誕生したと考えた方が自然じゃないかな?

鶏が先派と一発逆転思想

ていうか、そもそも「卵が先か?鶏が先か?」なんていう質問をいつまでも真剣に考えて定説みたいな認識をしていたのならば、考えを改めた方が良い。

「何もない所からは何も生まれない」って当たり前の法則に則って考えれば答えは出るはずなのだが。

極々小さい卵らしき物が生まれて、鳥らしき何かが成長して、鶏みたいな生き物が誕生しているはずである。


実際問題、歴史を紐解いて卵か鶏かなんてのは知る良しもないのだけれども※。

それでも、突然ふとした瞬間に「完成された具体的な何か」(ここで言う所の鶏)が出現すると考えるのは、一発逆転思想レベルと同等に危険である。

何かを積み上げて蓄積した先にしか完成された何かは誕生しないし、新しい何かも誕生しない。


※というか鶏とは卵を生む生き物であり、卵という存在が生じた結果としてその鳥が鶏である事が証明されるのだから、論理的に考えても卵が先じゃねぇか。

種があるから花が咲く

ってことで卵が先なのは確かであるし、卵が先だと思わないのは商売上的にも成長戦略的にも人生訓としても間違っているのである。

鶏は卵なしには成立し得ない。

成功は挑戦なしにはあり得ない。

大金は小銭に集合体である。


諺は所詮諺であり、例え話は所詮例え話である。それらの文章は他人との意思疎通を円滑にするための嘘であり、真実でも本質でもない事に注意したい。


聞こえの良い事は広まるけれども、それが真実であるとは限らない。