イロトカタ

純然たるイロトカタです

【4種の乳酸菌からBikkle(ビックル)SODA!ソーダ】のデータとレビュー

【4種の乳酸菌からBikkle(ビックル)SODA!ソーダ】のデータ諸々

ビックルのはっ酵乳は、4種の乳酸菌から作られています。
ミルクオリゴ糖由来のやさしい味わい。
脂肪分ゼロ。

●品名:炭酸飲料
●内容量:250ml
●販売者:サントリーフーズ(株)

【4種の乳酸菌からBikkle(ビックル)SODA!ソーダ】の原材料名

糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)
はっ酵乳
脱脂粉乳
ミルクオリゴ糖/炭酸
酸味料
香料
安定料(大豆多糖類)
カラメル色素

【4種の乳酸菌からBikkle(ビックル)SODA!ソーダ】の栄養成分表示(100mlあたり)

エネルギー 50kcal
たんぱく質 0.3g
脂質 0g
炭水化物 12.3g
食塩相当量 0.03g

【4種の乳酸菌からBikkle(ビックル)SODA!ソーダ】の感想/レビュー

ビックルは本当に小さい時から飲んでいた。
今の続いているのか不明だが、昔は瓶で売っていたのである。
台形というか、底になるに従ってぶっとい感じになっていく、あのふてぶてしさが子供ながらに可愛らしいと思っていた事を覚えている。

ヤクルトも好きだったが、今でも何故か不思議とビックルは私にとって特別な存在である。
実際の所は、飲み比べをすれば味の違いなんてそんなに私にはわからないのだろうが、子供の頃の記憶が今目の前にある物事の価値を引き上げるケースは多々ある。それが私にとってはビックルなのである。

そんなビックルが炭酸飲料として新登場した訳であるので、私としてはこれを手に取らない訳にはいかない。
炭酸飲料であるから、瓶で出る訳ではないが、乳酸菌飲料が炭酸で登場するというのは斬新な試みであると思うので、なんであれ、いずれは手を出していた事であろう。

味の感想としては、炭酸も悪くないな、という素朴な印象である。
まぁ、これから暑くなる事を考慮すると、べっとりと甘ったるいイメージがある乳酸菌飲料にとっては炭酸をプラスするという事は売上にも好影響を及ぼすのではないだろうかと思う。

大変美味しゅう御座いました。