イロトカタ

純然たるイロトカタです

プロテインを飲んだら筋肉痛になった!こんな逆転現象があるのか。

ミスチルはこの世の法則を歌っていたのかも

筋トレして筋肉痛になったからプロテインを飲んだんじゃない。

筋トレはいつも通りだ。だが、たまたまスーパーでプロテイン的な奴を見つけたから調子乗って飲んだ。そうしたら筋肉痛になった。


順序がおかしい。間違っている。なにこれ?

良い事があってこその笑顔じゃなくて笑顔でいりゃ 良い事あると思えたらそれが良い事の 序章です
Mr.Children PADDLE 歌詞
http://j-lyric.net/artist/a001c7a/l0025ce.html

ミスターチルドレンがこういう風に歌っている事を思い出したけれど、つまりはそういう法則が発動したのだろうか?

「筋肉痛があってこそのプロテインじゃなくて、プロテインあると思えたらそれが筋肉痛の序章です」

そういうことなのだろうか?人生の新たなる法則を垣間見たようでなんかドキドキする。これが引き寄せの法則って奴だろうか。

結果の先取り、というか擬態

人は笑顔になるだけで幸せのホルモンが出るそうだ。ならばプロテインを飲むだけで実は筋肉マッチョになれるのだろうか?そうなんだろうか?

あれじゃね?これって結構色々な事に応用できるんじゃね?

ベンツとか乗り回したり、タワマンに住んだりするように、お金持ちがやる事をやるとお金持ちになれるんじゃね?その様子を公開している人達がYOUTUBEにその金持ちな光景を公開している様子を見せて、情報商材とか売って実際お金持ちになっていると、あながち否定できない。


いや、一応言っておくけど、あれは金持ちのフリして、「僕たちもそんな風になりたい!」という人達に情報商材を売りつけるグレーな商売だからね?そんなに褒められた物ではないと思うよ?

つっても、結果としては実際ミスチルの櫻井さんが歌っている法則が世界を包んでいるのではないだろうか?

若くて社会を知らない人達は「できる大人」を気取っている人に夢中になるし、味覚が正常に動作していない人達は「いかにも美味しそうな雰囲気を放っているお店」に熱中する。

本当にそうである物だけではなく、それに擬態している物までもが大いに魅力を放ち価値を得ている現実を見ると、何か釈然としない気持ちになる。

まがい物と汎化とすり替え

本物は確かに世の中に存在するが、しかしながら皆が本物を判定できるだけの観察眼を持ち合わせていない、という事なのかもしれない。

だからこそ、「わかりやすく、それっぽいもの」を皆飛びつく。神は細部に宿ると言えども、凡人の視力は細部を見通せるようにはできていない。だからこそ、凡人向けの本物っぽい何かは非常に人気を博するのである。


つーか、あれだな。別にそんな堅苦しい話をしたかった訳じゃない。原因と結果が入れ違った事が面白かったって話だ。大衆に向けた商売の話と肉体の修復と超回復のメカニズムの話をゴッチャにするべきではない。


つってもあれだな、こうやって細部の問題を汎化させて自己の有利になるような論理を展開する奴もいるからな。面倒くせぇなぁ。っていう話もここでは関係ないのである。


まぁ、いいや、ラッキーでもう一回プロテイン飲んだらもう一回筋肉痛になるかもしれないから、プロテイン飲もう。